経験の浅い私が、メルマガを書いてよい?

2017年03月29日

言い訳せずに、まず書き出そう!

メルマガについて、
よく聞くお悩みがあります。

「経験の浅い私がメルマガを書いて、
よいのでしょうか?」
「ベテランの方に比べたら、
私なんてまだまだ。
すごいこと、書けません!」
「プロになって2年の私が書ける程度の話、
誰かの役に立つのかしら?」
「私が書くような基本的なこと、
誰でも知ってますよね?」

というもの。

あなたも、
そんな風に思ったこと、
ありますか?

そんな相談をされたときに、
いつも思うのは…

言い訳せずに、さっさと書け!

です(笑)

(ちょっと今日は厳しめです ^^;)

目の前の人に全力で取り組もう

気持ちはとてもよく分かるんです。

●師匠みたいに、すごいこと書けない
●同業者はもっといいことを書いている
●私は経験が少なくて、伝えることがない
●そんな偉そうなことを言える立場じゃない

とかね。

でも、そんなこと言ってたら
いつまでたっても書けないまま。

目の前の人に対して
今の自分で
役立てることを
全力でやる!

これしかない。
私はそう思っています。

新入社員に教える先輩の気持ちで書こう

それでも、自信がないです…
というなら、
【会社の新人教育】
を考えてみてください。

新入社員に仕事を教えるのは、
入社2~3年目の先輩ですよね。

よほどのことがないと、
部長や課長が
教えたりはしませんよね。

なぜなら、
入社2~3年目の社員は
ついこの間まで新入社員だった人。
何に苦労して、何に困ったか、
よく覚えています。

だから、新入社員に親身になれる。
新入社員の方も
話しやすく相談がしやすいのです。

部長や課長は、
仕事レベルは上かもしれませんが、
新入社員の頃に悩んでいたことは、
忘れてしまっています。

そのため、
新人に教えるのは難しい。

ということは、
自分の経験が浅いとか、
基本的なことしかしらないとか、
関係ないなーって
思いませんか?

自分より
ちょっと後に来た人に
自分が得てきたことを
伝えればいいんですよ(^◇^)

いかがでしょうか?
「そうか!
じゃあ、やってみよう」
と思えると
いいですね。

-----------
「プロフィールの書き方ストーリー」PDFを
無料でお送りしています。
詳細は以下をクリック! -----------
【無料メルマガのご登録はこちら】
ビジネスがうまくいくライティングのコツ、
考え方のヒントを
惜しみなく発信中!
メルマガ登録