ブログ

読者像は1人に決めよう! 心に届きやすくなるから

2017年03月14日

メルマガ読者のキャラ設定をしよう

さて、あなたは
メルマガを
書く場合、
どんな方を読者像に
決めていますか?

よく、
特定の1人に向けて
書いた方が、
多くの人に刺さる
と言われます。

個人ビジネスでは
ペルソナを設定しましょう」
などと言いますね。

実在の人でも
架空の人でも
構いません。

ペルソナは、将来的に
自分のビジネスを買ってくれる
見込み客です。

名前や住んでいる場所、
仕事や性格、
何に悩んでいて、
何を手にいれたがっているのか。

これらを
詳細に決める必要があります。
(アニメやマンガの
キャラ設定に近いですね!)

なぜペルソナを
1人に設定するのがいいかというと、
理由はいくつかあります。

・読者(見込み客)の心に届きやすくなるから。
・読者(見込み客)目線になれるから。
・自分が書きやすくなるから。

こんなところです。

メルマガは手紙。相手の気持ちに寄り添って書く

まず、メルマガとは、
【手紙】です。

メルマガって、
メールマガジンの略なので、
「雑誌」だと捉えると
「ちゃんと書かなくちゃ」と思いがち。

ですが、
個人ビジネスの場合、
「手紙」であると
気楽に考えてください。

手紙なので、
必ず相手がいます。

手紙って、
相手の気持ちに寄り添って、
読む側の目線に立って、
文章を書きますよね。

(現代は、手紙文化は
なくなったのかな… ^^;)

なので、
自分が伝えたいことを
相手に届けたい場合、
そういった配慮が必要なのです。

相手の気持ちに寄り添っていれば、
「ふむふむ」と読んでくれ、
こちらの言いたいことも
伝わりやすくなります。

そのペルソナが
ぼんやりとしていると、
ぼんやりとしたことしか言えず、
ぼんやりとしか伝わりません(残念)。

ペルソナが違うと、文章が変わってくる

では、例を出します。

ーーー
①言葉は、相手に合わせて使いましょう

②刺さるコピーは、お客さまの悩みに直結している

③部下を動かす一言は、上司の命令でなく共感
ーーー

この①と②と③。
「言葉の使い方」について書いています。

読者像は誰だと思いますか?

①は、対象が幅広そうですね。

②は、ビジネスをしている人向け
(特にダイレクトに物を販売している経営者向け)

③は、企業で働く管理職向け

そんな感じがしますよね。

②と③は、対象の読者の心に響きますが、

①は漠然とし過ぎていて、
誰の心にも残らないのです。

この3つの文章、
私は即興で書きました。

②、③に関しては、
1人の人物を思い浮かべながら…です。
(②は個人事業主のKさん、③は知人のS部長(笑))

そう、だから、
「ペルソナ」を決めるの、大事

あなたは、
メルマガのペルソナ、
決めていますか?

あいまいであれば、
この際、誰か1人に
決めてしまいましょう。

あなたのビジネスが
1歩前進しますよ。

-----------
「プロフィールの書き方ストーリー」PDFを
無料でお送りしています。
詳細は以下をクリック! -----------
【無料メルマガのご登録はこちら】
ビジネスがうまくいくライティングのコツ、
考え方のヒントを
惜しみなく発信中!
メルマガ登録 

ライティングで大事なのは、文章力ではなく●●●

2017年03月03日

お客さまが何を考え、どう行動するかを知るには?

 

さて、今日のタイトルは、
「ライティングで大事なのは、文章力ではなく●●●」
です。

あえて伏せ字にしてみました(笑)

何だと思いますか?

ご存じの方も多いでしょうが…。

●●●は、
「心理学」が入ります。

「人の心」「顧客心理」などと
言い換えてもOK!

そう。
ビジネスにおけるライティングで
大事なのは、
文章力ではなく、
人の心を動かす力。

特にお客さまの心を
動かすには、
お客さまが何を考え、
どう行動するのかを

知ることが欠かせません。

何に悩み、
何を欲しがり、
どういう未来を手に入れたいのか。

そのお客さまに対して、
自分はどういうことを提供したら、
喜んでもらえるのか。

こういうことを
詳細に洗い出し、
緻密に考える。

その次に、
どんな表現をしたら
顧客の気持ちにぴったりくるのか
を考えるのです。

心理のプロなのに、顧客心理に関しては無頓着…

恥ずかしながら、
私が相談業を始めたとき、
このことを
少しも分かっていませんでした。

「カウンセリングやコーチングは
すばらしい」
「だから広めたい」

そんな自分目線、自分中心の
考えでした。
(書いてて、
ほんと恥ずかしいですが)

また、ライターという
書く専門家だったので、
文章表現に凝りました。
(そんな時間あったら、
お客さまの気持ちを探った方が
ダンゼンいいのです)

こういうときは、

うまくいかなかったですね。

カウンセリングやコーチングは
人の心を扱う仕事なのに、
お客さまの購買心理に関しては、
無頓着でした。

自分目線を変えて、
相手目線になって考え、
行動し始めたときから、
うまくいくようになったのです。

そう。
自分目線から脱出して、
相手目線から自分を見てみる。

それがよい文章を書く
第一歩です。

さて、あなたは、
どうでしょうか?

もし、
「うまい文章を書かないと」
と思い始めたら、注意!

「お客さまは何を
悩んでいるのかな?」
と思い直してくださいね。

-----------
「プロフィールの書き方ストーリー」PDFを
無料でお送りしています。
詳細は以下をクリック! -----------
【無料メルマガのご登録はこちら】
ビジネスがうまくいくライティングのコツ、
考え方のヒントを
惜しみなく発信中!
メルマガ登録 

マニュアルもよいが、体で覚えることも大事

2017年02月27日

マニュアルはある方がよい? ない方がよい?

昨日、
文章テクニックの本をご紹介しました。

『一瞬で心をつかむ
77の文章テクニック』
高橋フミアキ著・高橋書店
http://amzn.to/2l707Mn

この本はよい本です。

ある意味、マニュアルです。

マニュアルって、あった方がよいか?
ない方がよいのか?

そんなことを、よく考えます。

結論としては、
あった方がよいが、
自分流に作り直した方がよい

そう思います。

手しごとのマニュアルはどうなっているの?

これはあるパン屋さんの話です。

新人スタッフさんが
入ってきたら
パンの製造方法を
覚えてもらう必要が出てきます。

手でする仕事なので、
感覚に頼る部分もあります。

そのときに
つくり方のマニュアルが
あった方がよいかどうか?

そんな話に
なることがあるそうです。

パン製造の
先輩スタッフさんは、
マニュアルがない方がよい
と言います。

マニュアルがない中、
先輩から現場で教えてもらう。

製造方法を学んで、やってみて、
その後に自分で
自分なりのマニュアルを
つくった方が身に着く。

…ということだそうです。

そう。
マニュアルは悪くないのですが、
それよりも
習ったことを実践し、体で覚える。
そのコツをまとめた自分マニュアルを
つくって、さらに実践する。

これが一番、効果の高い
マニュアルなんですね。

なので、先日、紹介した本も
読んだら、まずやってみる。

次に
「これはこうした方がよい」
という自分なりの気づきを書き込む。
(または、まとめる)

この行為が大事!

仕事って、
体で覚えるものなんですよね。

セミナーや勉強会も聞きっぱなしはNG!

本だけでなく、セミナーで学ぶときも
いっしょですよ。

聞きっぱなしはNG。
必ず、最低1つは行動して、
どうだったかを
振り返ってくださいね。

その後、自分なりに
まとめるとさらにgood!

その積みかさねが
飛躍的成長につながります。

さて、あなたは今日、
何を行動に移してみますか?

-----------
「プロフィールの書き方ストーリー」PDFを
無料でお送りしています。
詳細は以下をクリック! -----------
【無料メルマガのご登録はこちら】
ビジネスがうまくいくライティングのコツ、
考え方のヒントを
惜しみなく発信中!
メルマガ登録 

文章テクニックをアップする近道本は、これ!

2017年02月25日

タイトルや見出しに迷ったら、この本を開こう

今日は
「文章を書いても
イマイチ伝わってない」
「正しい文章は書けるけど、
読ませる文章は書けない」
というときに

おすすめの本を紹介します。

私は、この本を
メルマガやブログなど
タイトルの見出しを書くとき、
キャッチコピーを考えるときに
活用しています。

それは、こちら。

『一瞬で心をつかむ77の文章テクニック』
高橋フミアキ著・高橋書店


アマゾンでは、
「なか見!検索」は
できないのですが、
写真で数ページ読めます。

レビューも
「かなり実用的で使える内容だった。」
「こんな本を出していいの。
ここまで公開してしていいの」
「自分でもびっくりするくらい
即効性のあるテクニックだと感じた」
とあり、よい評価が多い!

すぐに使える! 解説が分かりやすい!

 

「数字」を入れる
「問いかけ」を入れる
「擬声語」を入れる
など
すぐに使える
テクニック満載。

その他のよい点は、
・ビフォー、アフターが
載っていること。
・なぜよいのかの説明が
詳しいこと。

説得力があり、
「今回は、
これを使ってみよう!」
とすぐに行動に移せます。

片っ端から
自分の文章に応用すると、
みるみるうちに
ライティング力が上がること
間違いなし。

即効性がありますよ。
あなたも
活用してみませんか?

この本はコーチング的でもあります

余談ですが、
この本の編集も好きです。

実用書は、
読んでもらってオシマイ…ではなく、
読者に行動してもらわないといけません。

コーチングに似ていますね。

ひとつでも多く
実際のライティングで役立ててもらおう
という
編集者の気合いを感じます。

-----------
「プロフィールの書き方ストーリー」PDFを
無料でお送りしています。
詳細は以下をクリック! -----------
【無料メルマガのご登録はこちら】
ビジネスがうまくいくライティングのコツ、
考え方のヒントを
惜しみなく発信中!
メルマガ登録 

これは基本! 読んでもらう3ポイント

2017年02月24日

ポイントは3つセットで覚えよう!

 

前回は
●●●があると、メルマガ開封率がアップします

ということを書きました。

これを読んだあなた、
●●●をぜひ使ってみてくださいね。

さて、今回は、メルマガのタイトルで、
人に読んでもらうフレーズの
基本中の基本
ポイント3兄弟をお伝えします。
(3つセットで覚えましょう)

知らない方は、ぜひ覚えて活用してください。

ポイント3兄弟は、
【緊急性】 【希少性】【限定性】
です。
(ちなみに、どれが兄とかありません…)

「今すぐ!」の緊急性

【緊急性】とは、
期限を決めて、
急いでもらうこと。

例えば、
「2月15日まで無料!」
「締切は本日23時59分」
など。

人は
期限がないと動かないもの。
例えば、あなたは、
試験前日の夜に、
慌てて、
勉強していなかったですか?(笑)

勉強って、
試験という締切がなかったら、
積極的に暗記や復習を
するのが難しいのです。

(好きなものは違いますが)

そのくらい締切って大事。
それも緊急になって、
初めて人間は動くのです…。

これが人間の性質だとしたら、
活用しない手はありませんね!

「これしかない!」の希少性

【希少性】は、
数に限りがあること。
「先着5名様に!」
「残2席」
などです。

ランチで
「先着10名様のみ 
特製ドミグラスソースのビーフシチュー」
とあると、
注文したくなりますよね。

アレといっしょ(^-^)

私自身、
希少性に弱いタイプ。 

「欲しいな」とちょっとでも
思っているときに、
「残り2個」と声をかけられると、
思わず買ってしまいます(笑)

「ここだけ!」の限定性

【限定性】は、
範囲を決めること。

「メルマガ読者だけの特典」
「メルマガ読者限定」
 などです。

 私だけに権利がある…
というのは、
「私のこと」に
フォーカスしてくれているために、
興味関心がわくのです。 

「大阪限定」じゃがりこ たこ焼き味 ソースマヨ風味
と書かれていると
思わず買いたくなってしまいますよね?

 

そういうことです。

特に、イベントやセミナーなどを
メルマガで告知する場合、
【緊急性】【希少性】【限定性】
に関連した内容を
タイトルに入れてください。

開封率が上がりますので!

これは、チラシやブログ記事でも
いっしょですよ。

マーケティングや集客・営業の
基本中の基本です。

必ず覚えておき、
いざというとき、
使ってくださいね。

-----------
「プロフィールの書き方ストーリー」PDFを
無料でお送りしています。
詳細は以下をクリック! -----------
【無料メルマガのご登録はこちら】
ビジネスがうまくいくライティングのコツ、
考え方のヒントを
惜しみなく発信中!
メルマガ登録 

●●●があると、メルマガ開封率がアップします

2017年02月17日

●●●って書かれると、つい気になっちゃうんです

前回のブログで、
つい開封したくなる
メルマガタイトルって
質問形と命令形だと
書きました。

特に質問形は
使いやすいです。

あなたも
いろんなメルマガを
登録していると思います。

その中の
質問形のタイトル、
たくさんありますよね。

どれだったら開封したくなり、
どれはスルーするのか。

ちょっと
気にしてみてくださいね。

開封したくなるのを
マネして使っちゃいましょう!

マネして使ってみることで、
分かることが
たくさんあります。

まず、実践!
ですね。

さて、今日のタイトルは、
——
●●●があると、
メルマガ開封率がアップします
——
でしたね。

この●●●って、
何だと思います?

実は、
このタイトル通りなんです(笑)

●●●という
伏せ字を使うと、
メルマガやブログの記事を
読みたくなるのです。

前回のブログタイトルも
ーーーーーー
開封したくなるメルマガタイトルは、
●●形と●●形
ーーーーーー
とわざと伏せ字にしました(笑)

人って、隠されると知りたくなるもの

前回と今回、
●●●が気になって、
開封したのでは?
(違うかな?)

人って、隠されると
知りたくなるものなんです。

セミナーでもそうですよね。
ちゃんと覚えて帰ってほしいことは、
わざと資料に書かずに、
空欄にしておくんです。

すると、
空欄に何が入るか、
答えを知りたくなりますよね。

大事なのは、
人の「知りたい欲求」を
利用すること!

なので、
伏せ字を上手に使うと、
メルマガを開封して
もらいやすくなります。

ぜひ、あなたも
いちばん伝えたいこと、
印象付けたいことを
●●●にして、タイトルをつけましょう。

読まれる確率がグンと跳ね上がります。
今までしたことがないなら、
なおさらです。

まず、明日のメルマガのタイトルを
伏せ字にしてみませんか。

追伸:こんな本を読んでます

最近、D・カーネギーの
人を動かす」を
読んでいます。

冒頭でグッときました。

人を動かす3原則
が書かれていて、
1番目が
「批判も非難もしない。
苦情もいわない」。

まさに、その通り!

批判や非難をしても、
心は動きませんよね。
(でも、人って
批判、非難したくなるもの…)

まず、この1か月、
この点を心掛けると
決めました!

-----------
「プロフィールの書き方ストーリー」PDFを
無料でお送りしています。
詳細は以下をクリック! -----------
【無料メルマガのご登録はこちら】
ビジネスがうまくいくライティングのコツ、
考え方のヒントを
惜しみなく発信中!
メルマガ登録 

開封したくなるメルマガタイトルは、●●形と●●形

2017年02月15日

メルマガを、つい開封したくなる言い方があるんです

さて、前回、
「思わず開封してしまうメルマガタイトルって、どうつける?」 
という記事を書きました。

——
成功者のマネをする。
できれば、読者層がかぶる人の。
——
でしたね。

でもさ、
マネするって言ったって、
どうすればいいの?

という方向けに、

今回から数回に分けて
具体的な書き方を
お伝えします。

つい開封したくなるタイトルって、
●●形と●●形の
2パターンがあります。

何だかおわかりですか?

そう!
1つは疑問形

昨日のメルマガのタイトルは、
ーーーーーー
開封してもらえるメルマガのタイトルって、どういうの?
ーーーーーー
でしたね。

これが、
ーーーーーー
開封してもらえるメルマガタイトル
ーーーーーー
だと、インパクトが薄くないでしょうか?

疑問形はとても有効。

メルマガ読者が、
「これって、どうなんだろう?」と
疑問に思っていることを
タイトルにしましょう。

すると、
「そうそう、そう疑問に感じていた!」と
共感して、開封してくれます。

伝えたいメッセージが明確な場合は命令形

もう1つ有効なのが、
命令形

『モノを売るな! ストーリーを売れ!』
『いきなり書かずに、まず5分思考せよ!』

など。

命令形だと、
インパクトが強くて、ハッとします。

迷っている人にとっては、
断定されると
「そうか!」と響きやすいのです。

伝えたいメッセージが明確な場合、
有効ですね。

特に
「これだけは、
絶対忘れないでほしい」
というメソッドは命令形を使え!
…です。

開封されるのも大事ですが、
大切だと思っていることを
読者の心に深く刻ませること。

これも大事。
相手に対する
思いやりでもありますね。 

ぜひ、あなたも
使ってみて ください。

-----------
「プロフィールの書き方ストーリー」PDFを
無料でお送りしています。
詳細は以下をクリック! -----------
【無料メルマガのご登録はこちら】
ビジネスがうまくいくライティングのコツ、
考え方のヒントを
惜しみなく発信中!
メルマガ登録