ブログ

4/16・4/22 最短で結果を出すマインドセットセミナーを開催!

2019年04月03日

「結果が出ている人は何が違う?」「どうしたら最短で成果をあげられる?」と思っている方向け

成功者は誰でも知っている「最短で結果を出す方法」
マインドセットセミナー
4
/16(火)・4/22(月)開催
講師:一般社団法人日本マインドセット協会認定インストラクタ一 小関珠緒


一生使えるマインドセットが学べる! 最短100%結果を出す法が分かる!


あなたは、すでに思った通りの結果を出していますか?

もう充分な結果を出されているなら、これ以上読む必要はありません。

自分なら、もっと成功しているはずなのに…」
「セミナーや本で一生懸命学んでいるのに、結果は横ばい状態
今のやり方のままで、いいのだろうか?」
結果を出すには
構えが大だと聞いたが、それってどうすればいいの?」
結果を出している人と、出せていない人はどこにあるの?」
結果を出す人を育てるには、何を教えたらいいのか?」

こんな悩みをお持ちの方は、ぜひこのセミナーをご受講ください。
解決の方法がいくつも分かり、明日からの行動を変えていけるはずです。

 

なぜ、同じセミナーを受けても、結果が出る人と出ない人がいるのでしょう?

あなたは不思議に思いませんか?

セミナーや本で、成功のための知識を得たりノウハウを学んでも、結果が出る人と出ない人の2パターンに分かれます。
同じことを学んでいるのにも関わらず…。

結果が出る出ないの差は、能力、学歴、性別、年齢、国籍とは何の関係もありません。

では、何の違いが結果の差を生むのか気になりますよね?

 

 

 

ノウハウや知識を得るよりも必要なこととは?

セミナーを受けて、そのときは分かった気になったし、仲の良い仲間もできた。
けれど、知識やノウハウを使いこなせていない…、
理解はできたけれど、行動できない…、
行動できないから、なかなか結果がでない…、
何十万も高額料金を払ったのに、成果につながっていない…

どうして!?

そう思いますよね…。

ちょっと厳しい言い方をします。実は、知識やノウハウを得ただけ、理解できただけ、お金を払っただけでは成果はなかなか出ないもの。

行動しないと、成果につながらないのです。  

そんなこと知っていますよ! という声が聞こえてきそうです。

そう、そんなことは分かっていても、多くの人は行動ができないものです。一瞬、行動することはできるかもしれませんが、成果が出るまで行動をし続けられない。

では、どうすればよいのでしょう?

最短で100%結果を出すための考え方があります

行動するのに必要なもの。それは、マインドセット です。マインドセットって何? と思われるかもしれません。マインドセットとは、一言で言うと「考え方」。成果を上げられる「考え方」をもっていないと、どんな知識やノウハウがあっても、成果には結びつきません。

 

1つ例を出しましょう。

「自分の商品を売りたいなら(自分のことを知ってもらいたいなら)、SNSでどんどん発信していきましょう」とコンサルタントに言われたとします。
Aさんは、経験はありませんでしたが、すぐにブログを立ち上げ、毎日、記事を書き始めました。
Bさんも、経験はありませんでしたが、「やったことがないから、やり方が分からない」「私なんかが発信しても誰も読まないでしょ…」と言い訳をして何も行動しませんでした。

Aさんは「まず素直にやる」「全力で行動」というマインドセットのため、行動できました。
Bさんは「うまくいかない気がするから、行動しない」というマインドセットのため、
ほとんど行動できなかったのです。

結果、Aさんはブログから自分に興味をもってくれるお客様と出会え、商品が売れました。一方で、Bさんは何の変化もありません。

ここまで読んで、あなたはAさんとBさん、どちらが成果を出し続けられると思いましたか? そう。Aさんですよね。

 

この例は、小さなことかもしれません。けれど、成果とは小さな成功体験の積み重ねです。

ビジネスも人生もあらゆる場面に、このような「マインドセット」が作用しているのです。

では、成果を上げるには、どんなマインドセットが必要ですか?

「最短で結果を出す!」「思った通りの結果を出す!」には、どんなマインドセットが必要なのか

か? と思うでしょう。

そこで、そのエッセンスを2時間にギュッと詰め込んだ
「最短で結果を出すマインドセットセミナー」を開催します!

マインドセットがどうして必要なのか、どんなマインドセットが必要なのか、マインドセットを整える方法などを分かりやすくお伝えする講座です。

4月16日(火)と4月22日(月)の2日間、開催します。
今回、各回限定3名の少人数制としました。

 

 

 

今回のセミナーでお伝えする内容を、一部ご紹介します

「セミナーではどんな内容を聞けるの?」という方のために、少しだけ内容をご紹介します。

結果を出すために必要な姿勢とは?
結果を出すには、まず講義を聞くときの姿勢から始まります。講義だけに限りませんが、ポイントは「自分ゴト」に置き換えて考えること。あなたは常に「自分のビジネスの場合ではどうか?」と自分ゴトに変換して聞いていますか?

自分の前提や当たり前にしていることを変える
「なりたい自分」になれていない場合、自分の前提や当たり前にしていることを考える必要があります。当たり前に思っていることの捉え方を変えることで、行動が変わり、結果が変わってきます。あなたは、結果が出ない「前提」や「当たり前」をもっていませんか?

あなたの商品・サービスは、どうして買われていますか?
お客様はあなたの商品・サービスを、なぜ買っているのでしょう? お客様にとって、あなたの商品・サービスはニーズ商品ですか? ウォンツ商品ですか? 購入の動機を理解し、相手に合わせて売り方を変えると、今以上に稼げます。

結果を出すには、どう考えればいいのでしょう?
禅問答における師匠と弟子との会話で「魚をもらうべき時」「釣り方を学ぶべき時」の話があります。結果を出すにはどちらがよいと思いますか? 答えは「どちらも必要」。両方を使い分ける必要がありますが、効果的な使い分けがキモになります。

結果を出す未来は選べるのか?
あなたは「なりたい自分像」がありますか? 「あなたはどうなりたいんですか? どうしたいんですか?」という問いに答えられるでしょうか? 未来がはっきりしていないと、そこにはたどり着きません。「なりたい自分」になるには、未来を設定することからスタートしましょう。

結果が出る人、出ない人がいる。なぜその差が生じるのか?
同じ本を読んでも、同じセミナーに通っても、同じ結果が出るとは限りません。なぜその差が生まれるのでしょうか? 結果の差には4つの原因があります。その原因をつぶしていくだけで、結果は出始めます。

もしも思った結果が出ていないなら、原因はマインドセットが整っていないから。
もし、狙った結果に到達していないなら、その原因は自分のマインドセットが整っていないからです。「マインドセットをしているつもりです」というのに望まない状態であるならば、まずすべきことがあります。それは結果が出るマインドセットを身につけること。あなたにとっては、まったく別の当たり前をつくることかもしれません。

セールスで成約率を上げるには、どういうマインドセットが必要?
セールスでなかなか成約にならないときは、どのような考え方をすればよいのでしょう? 「確率をあげるためにどうするか?」を考えたくなりますが、それよりも大事な考え方があります。その考え方を理解し行動するだけで、自然と成約率は上がっていきます。

そうはいっても、メンタル面でめげてしまうときはどうする?
ビジネスにおいて、うまくいかないことや失敗により、心がめげてしまうことがあります。不安に襲われることも多くあることでしょう。そんなときはどう考え、どう対処すればいいのでしょう? 強い心を持つためのマインドセットを整える必要があります。

メンタルが大事だと分かっても、すぐにはタフになれない。そんな時は環境を整える
すぐにメンタル面がタフにはなれないときは、環境を整える必要があります。人は、周囲にいる人の影響を、意識的にも無意識的にも受けるもの。環境の整え方は2つありますが、その2つをお伝えします。

成功するステップは3段階。これしかありません!
多くの人は知りませんが、成功するステップは3段階です。正しい順番でステップを踏まないと、なかなか結果につながりません。ノウハウコレクターになったり、行動しても結果につながらなかったりします。成功する3つのステップをお伝えいたします。

…などなど。

これらは「マインドセットセミナー」でお伝えしている内容の一部です。「もっと聞きたい!」「もっと知りたい!」「聞くだけでなく、いろいろ質問してみたい!」と思われたなら、ぜひマインドセットセミナーにご参加ください!

成果を出すためのマインドセットを身につけるコツが分かるはずです。

 

今回のマインドセットセミナーでは、マインドセットについての話と簡単なワークがメインです。マインドセットにご興味があるという方、 ぜひ、最短で成果をあげるマインドセットセミナーにご参加ください。

講師は、一般社団法人日本マインドセット協会認定インストラクタ一の小関が担当します。
参加者の方には、マインドセットセミナーのテキスト(A4版・22ページ)を差し上げます。

終了後は、希望者のみで懇親会を行いますので、聞きたいことをいろいろとおたずねくださいね。

 

【日時】
①2019年4月16日(火)
②2019年4月22日(月)

時間は①②どちらも以下です。
13時05分 開場
13時15分〜15時15分 マインドセットセミナー
(5分休憩)
15 時20分~15時50分 質問タイム
その後、その場で希望者のみ懇親会を行います(16時30分まで)。

【会場】
武蔵小山創業支援センター 5階会議室
(武蔵小山駅徒歩2分)
http://musashikoyama-sc.jp/access/

【定員】
各回 3名限定

【参加費】 6,000円(税込)
友達割引:2名以上のお友達と参加で、お1人様5,000円

【講師】
一般社団法人日本マインドセット協会認定インストラクタ一 小関珠緒

 

 

人材育成コーチ、コピーライター
実用書の編集者を10年経験した後、独立。
自身の仕事・転職・起業経験からビジネスの成功には心理面をサポートするコーチやカウンセラーが必要だと痛感し、“働く人”の育成に携わり始める。「人の成長が企業を成長させ、社会をゆたかにする」を理念とし、リーダーやスタッフの育成、組織活性化を目的としたコーチングや研修を行っている。

女性社員の強み発見、メンタルのケア、能力開発が得意。会社それぞれの実情にカスタマイズして対応し、ともに考え、ともに力を合わせ、ともに成長する関わり(共育)を大切にしている。

仕事が軌道にのり、さらなる飛躍を目指したとき、成功者のマインドセットを教える講座「成れる

会」と出会う。学んだことを即実践し、1つひとつ結果を積み重ねることで

「クライアントの売上アップ」「自身の法人顧客数アップ」などの成果に結びつけている。

国家資格 2級キャリア・コンサルタント技能士
国家資格キャリアコンサルタント
一般社団法人日本マインドセット協会(JMSET)認定インストラクター
一般社団法人成れる会 理事

 

 

 

 

【お申込みフォーム】

-----------
「プロフィールの書き方ストーリー」PDFを
無料でお送りしています。
詳細は以下をクリック! -----------
【無料メルマガのご登録はこちら】
ビジネスがうまくいくライティングのコツ、
考え方のヒントを
惜しみなく発信中!
メルマガ登録 

魚をもらうか? 釣り方を学ぶか?

2016年11月27日

「魚を与えるのではなく、釣り方を教えよ」 

dsc_1621

コーチング、コンサル、講師など、
人を教育する仕事では、
教えることを「魚と釣り方」に例えることがあります。

「魚を与えるのではなく、釣り方を教えよ」

おなかをすかせた人に魚を与えると、食べてしまえば終わり。
次も、魚を与えないといけない。
釣り方を教えれば、その人はいつでも自分の力で魚を得ることができる。

つまり、
困っているクライアントさんに、ズバリと答え(=魚)を教えると、
その場では解決できる。
だが、「次はどうすればいいですか?」とずっと答え(=魚)を求め続けることになる。
問題を解決するやり方を身につけさせる(=釣り方)と、
クライアントさんはいつでも自分で解決できる人になれる。

このような意味です。

子育てでも同じことが言えるでしょう。

私は、いちばん最初についたコンサルタントに
いちばん最初に教えてもらった記憶があります。
(そのくらい基本的な話なんでしょうね)

「魚をもらうべき時と、釣り方を学ぶべき時がある」

だからといって、餓死寸前の人に
釣り方を教えても、習得するまでに命が絶えてしまいます。

なので、魚をあげるべき時期もあります。
(クライアントさんにとっては、魚をもらうべき時期)

ビジネスでも、「今、ここを逃したら危ない」という場合は、
ズバリと解決法を伝える必要がありますよね。

ですが、この先が大切。
解決法を教え続けていると、
どんな小さなことも、ずーっと聞かれるようになります。

「WordPressって何ですか?」
「集客って、どうすればいいですか?」
「次は何をすればいいですか?」
…など。

Googleで検索すれば、すぐに分かることや、
自分で考えて工夫しなくてはいけないことも質問されます。

答えるのは簡単かもしれません。
けれど、
クライアントさんは常に「魚をくれ」「魚をくれ」の状態になり、
自分の頭で考えられなくなってしまうのです。

これはマズイですよね。

魚をあげ続けることは、依存につながりやすい

クライアントさんの「魚くれくれ」状態は、
コーチやコンサルに依存している状態。

教える側は、
「自分が役に立っている」感があり、
また、クライアントさんもずっと継続してくれるため、
魚を与え続けてしまいがちです。

ですが、
クライアントさんの真の成長を考えると、
それはよくない。

・同じ問題が起きたときに、自分で答えが出せる
・どのように解決したらよいか、身についている
・自分で自発的に動ける

この能力(=釣り方)を身につけることが、
長い目で見ると、いちばん早い解決法だから。

釣り竿

待つ時間が、とても大事

ですが、つい解決法を教えたくなるものなんです。
実は、私もさんざん経験してきました(苦笑)。

教わる方も、教える方も両方経験したので、
気持ちはよく分かります。

でもね。
待つ時間が大事なんです。

解決法をズバリ教えるのではなく、
考えさせるような答えを伝えると、
クライアントさんは「どうしよう?」と混乱します。

自分で考えて行動するのが好きな人なら問題ないのですが、
依存度が高めの人だと、
思考停止になったり、行動が止まったり…。

私の場合は、そこで、
解決法(=魚)を出していたことが多いです(苦笑)。

少しでも行動して成果を出してほしいという
自分の我欲ですね。

ここで、じっと見守りつつ待つという姿勢が必要。

クライアントさんが混乱状態をさんざん経験した後に、
1つのヒントを渡すと「あっ!」と気づきます。
目の前がパーッと開けているのが、表情からも分かります。

このパラダイムシフトが、成長の第一歩。
その瞬間をつくっていくことが、
コーチやコンサルの役割なんだと思います。

*ちなみに、1枚目の写真は以前、私が釣った魚です。2枚目はそのときの釣り竿。

-----------
「プロフィールの書き方ストーリー」PDFを
無料でお送りしています。
詳細は以下をクリック! -----------
【無料メルマガのご登録はこちら】
ビジネスがうまくいくライティングのコツ、
考え方のヒントを
惜しみなく発信中!
メルマガ登録